フィーダマ

 沖縄県に伝わる火の妖怪。
 金城朝永の「琉球妖怪変化種目」(1931)に「フィー・ダマ (火玉) 鬼火人魂の類。フィー・ダマの上る事を、タマ・ガユンと云い、名詞形にして、タマ・ガイとも称す。琉球では、人の死ぬ時は、そのマブイ(霊魂)がフィー・ダマに成って、墓場に行くと信ぜられ、フィー・ダマの上った近所には近々に人死があると云う。人間の霊魂が火の形をしていると考えの外に、小鳥・又は蝶の形をしているとも考えられている。「おなり神」(姉妹の生御霊)が白鳥や蝴蝶の姿で現れる話が沢山ある」 と記されています。

 


参考文献
本 『怪異の民俗学2 妖怪』 小松和彦・責任編集 (河出書房新社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 琉球妖怪変化種目―附民間説話及俗信― 金城朝永 1931年


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system