屏風のぞき
びょうぶのぞき


『今昔百鬼拾遺』雨 「屏風のぞき」
鳥山石燕
【江戸時代】

 鳥山石燕の『今昔百鬼拾遺』(1781)に描かれている妖怪。
 「翠帳紅閨に枕をならべ顛鸞倒鳳の交あさからず枝をつらね翼をかはさんとちかひし事も佗となりし胸三寸の恨より七尺の屏風も猶のぞくべし」 と記されています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system