ボーコ

 新潟県に伝わる怪異。
 夜光虫のように海の波が光を放つというもの。
 愛知県や長野県では、「ボーコ」という言葉は妖怪を表す児童語として使われています。

 埼玉県ではボーコーという鳥の妖怪が伝えられています。
 初夏の夕方には、ときどきボーコーの鳴き声が聞こえたそうで、子供が「ボーコーが鳴くから帰ろう」と言って家に帰ったり、親が子供に「ボーコーがやって来るから早く寝なさい」などと注意することがあったそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system