べろ長
べろなが

 福島県に伝わっていた妖怪。  長い舌を持つもので、かつてこの妖怪が舌を使って沼や川の水を吸い取り、その水を噴出して村を洪水にしたそうです。ある日、村に弘法大師がやって来たので、農民たちは彼にべろ長の退治を依頼しました。弘法大師は縄でべろ長の舌を縛ったので、それ以来、べろ長による害はなくなったそうです。
 現在では、べろ長の民芸品の解説書に上記のような話が記されているだけで、現地に伝承は残っていないようです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system