ばく

 悪い夢を食べるという妖怪。
 元々は中国に伝わる妖怪で、獏の毛皮や絵が邪気を払うと云われていました。
 中国の『本草綱目』に、獏について記されています。それによると、獏は頭が小さくて脚が短く、白と黒の斑模様があり、短く光沢のある毛が生えているそうです。そして、鼻は象、目は犀、尾は牛、足は虎で、熊のような身体をしています。
 この中国の幻獣が日本に伝わると、悪夢を食べてくれる動物だと考えられるようになりました。江戸時代には、初夢を見る正月二日に、枕の下に宝船の絵を入れる風習がありました。その絵に獏の姿を描いたり文字を書いたりすると、良い初夢を見ることができるとされていたそうです。
 中国の『大典祠部中職』に、夢を食べる莫奇という十二神将の神について記されているそうです。『酣中清話』には、獏が夢を食べると伝えられるようになったのは、獏と莫奇が混同されたからではないかという説が書かれています。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system