入内雀
にゅうないすずめ


『今昔画図続百鬼』雨 「入内雀」
鳥山石燕
【江戸時代】

 藤原実方の霊が雀と化したもの。
 一条天皇の時代(985〜1010年)のこと。天皇の待臣 藤原実方は、藤原行成に馬鹿にされたことに怒り、行成の冠を奪って庭に捨てました。これが原因で陸奥へ左遷されてしまった実方は、都への思いを募らせながら死にました。その後、実方の霊は雀になって、京の静涼殿で台盤所の飯を啄ばんだそうです。

 鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』(1779)に描かれ、「藤原実方 奥州に左遷せらる その一念 雀と化して大内に入り 台盤所の飯を啄しとかや 是を入内雀と云」 と記されています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system