入道坊主
にゅうどうぼうず

 愛知県、福島県に伝わる妖怪。見越の類。
 愛知県で云う入道坊主については、柳田國男の「妖怪名彙」(1938)に「ニュウドウボウズ 入道坊主、見越し入道のことである。三河の作手村で嘗てこれを見たという話がある。始めは三尺足らずの小坊主、近づくにつれて七八尺一丈にもなる。先ずこちらから見て居たぞと声を掛ければよし、向うからいわれると死ぬという(愛知県伝説集)」 と記されています。
 福島県では入道坊主の正体が鼬だとされていて、見上げていると喉に噛みつくと云われています。これに遭遇したときは、肩に手をやり、鼬の足を捕まえて地面に落とせば良いそうです。

 


参考文献
本妖怪談義』 柳田國男 (修道社)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 妖怪名彙 柳田國男 1938〜1939年


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system