濡女
ぬれおんな


『画図百鬼夜行』風 「濡女」
鳥山石燕
【江戸時代】

『百怪図巻』 「ぬれ女」
佐脇嵩之
【江戸時代】

 島根県に伝わる、海に現れる妖怪。
 赤ん坊を抱いて現われ、「この子を抱いてくれ」とお願いして人に赤ん坊を渡します。赤子を渡した濡女は海の中へ去っていき、続いて牛鬼が出現。濡女に渡された赤ん坊は急に重くなり、赤ん坊を離そうとしても手から離れず、動けなくなったところを牛鬼が襲います。そのため、濡女から赤ん坊を受け取るときには手袋をしておいて、赤ん坊を手袋と一緒に放り投げれば助かるのだと云われています。

 鳥山石燕の『画図百鬼夜行』(1776)や佐脇嵩之の『百怪図巻』(1737)などには、身体が蛇、顔が人の濡女が描かれています。

 また、長崎県には濡れ女子おなご、鹿児島県の種子島には濡れ嫁女という妖怪が伝えられており、これらも濡女の類のようです。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪図巻』 京極夏彦 文、多田克己 編・解説 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

 

inserted by FC2 system