ぬらりひょん


『画図百鬼夜行』風 「ぬうりひょん」
鳥山石燕
【江戸時代】

『百怪図巻』 「ぬらりひよん」
佐脇嵩之
【江戸時代】

 佐脇嵩之の『百怪図巻』(1737)や作者不明の『化物づくし』などに描かれている老人の妖怪。
 鳥山石燕の『画図百鬼夜行』(1776)には「ぬうりひょん」という名前で同じ妖怪が描かれています。

 ぬらりひょんという名称の妖怪に関する伝承は岡山県にあります。
 人間の頭ほどの大きさのものが海に浮いていて、それを取ろうとすると沈んでいき、やがてまた浮上。またそれを取ろうとすると、やはり沈んでしまうのだそうです。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪図巻』 京極夏彦 文、多田克己 編・解説 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

 

    

inserted by FC2 system