布がらみ
ぬのがらみ

 青森県に伝わる妖怪。
 長坂にあった布沼という沼の主。布に姿を変えて、沼の傍にある垣根に引っかかります。だれかがその布を取ろうとすると、布が突然伸びて絡み付き、沼の中へ引きずり込むのだそうです。
 ある男性の妻と娘が、布がらみによって沼の中へ引きずり込まれてしまいました。男性は布がらみを退治しようと決意。神から「鳩の卵を持って行くと良い」というお告げを聞いて、鳩の卵を手にして布沼に向かいました。神に祈りをささげると、沼の水がざわめきだしました。持ってきた卵を割って沼に投げ入れると、大きな音がして、死んだ布がらみが浮かんできたそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system