ノツゴ

 高知県や愛媛県に伝わる妖怪。
 高知県では、夜に山道で赤子の泣き声を出す妖怪だとされ、草鞋の乳をあげると去っていくと云われています。
 愛媛県では、地域によって多様な特徴のノツゴが伝えられています。夜の道で赤子のように泣くが姿は見えないもの。「ギャッ」と鳴き声を出して草鞋の乳にかじりつくもの。「ギャッ」と奇妙な声を出すが、草鞋の乳を投げつけるとビックリして奇声をあげなくなる鳥に似たもの。「草履をくれ」と言いながら人を追いかけてくるもので、草鞋の乳や草履の鼻緒を投げると良い。子供が隠れんぼしていると、その子供を隠す……など。また、何もない場所で足がもつれてしまい、歩きにくくなることを「ノツゴに憑かれた」と言ったり、母の乳が出なかったために死んでしまった子がノツゴになるという伝承もあります。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system