野守虫
のもりむし

 『折々草』や『漫遊記』に記されている蛇の妖怪。
 信州(長野県)の若者が、友人とともに山へ柴刈りに行きました。すると、大きな蛇が足に巻き付いてきたので、友人から鎌を借りて蛇を斬りました。その蛇は一丈ほどの長さで、6本の足があり、指が6本はえていました。蛇の死骸の一部を若者が家に持って帰ると、それを見た父親が「それは山の神だ。間違いなく祟りがある」と言い出し、若者を家から追い出しました。若者は小屋で生活し始めましたが、2、3日すると蛇の死骸が悪臭を放ちだし、そのうち若者の身体に臭いが染み付いて、病気になってしまいました。医者から薬をもらって風呂に入り、やっと臭いが落ちて、病気も治りました。医者の話によると、その蛇のようなものの正体は野守という虫で、井の虫を井守、家の虫を家守、野の虫を野守と呼ぶとのことでした。
 その3年後、官木を伐った罪により若者は処刑されてしまったので、野守虫の祟りだろうと噂されたそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system