野鎌
のがま

 徳島県や高知県に伝わる妖怪。
 徳島県の祖谷山では、葬式で穴を掘るときなどに使った鍬や鎌は、墓場に7日間置いておいて、その後に持ち帰らなければ野鎌になると云われていました。野鎌に切られたときは「仏の左の下のおみあしの下のくろたけの刈り株なり痛うはなかれはやくろうたが生え来さる」と唱えるのだそうです。
 高知県には、野山にいるとき、何もないのに転んで鎌傷のような傷ができた際、それを「野鎌が食う」と言う地域があります。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system