野鉄砲
のでっぽう


『絵本百物語』四 「野鉄砲」
桃山人・文、竹原春泉・画
【江戸時代】

 『絵本百物語』(1841)に描かれている小さな獣の妖怪。
 野鉄砲は猯が年を経たもののことであり、蝙蝠が年を経て野衾になったもののことも指すそうです。夕暮れ時に現われて、人の目をふさいで血を吸いますが、懐に巻耳という草を入れておけば、これを避けることができます。深山の「野かげ」というものもこれと同じもので、巻耳を嫌います。
 挿絵には「北国の深山に居る獣なり 人を見かけ蝙蝠のごとき物を吹出し目口をふさぎて息を止め人をとり食ふとなり」 と記されています。

 


参考文献
本竹原春泉 絵本百物語―桃山人夜話―』 多田克己 編、京極夏彦 ほか文 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system