二恨坊の火
にこんぼうのひ

 『諸国里人談』『本朝故事因縁集』などに記されている火の妖怪。
 摂津国(大阪府)の二階堂村では、3月から7月の曇り空の夜に、人の顔のような怪火が現われて飛び回り、家の棟や木に止まったそうです。見物する人が多いと恥ずかしそうに飛び去ります。
 『本朝故事因縁集』には、かつて恨みを2つ抱いていたために二恨坊と呼ばれていた山伏が、死後に魔道へ落ちて火になったという話があります。
 『諸国里人談』にも、2つの恨みを持った山伏の怨念が怪火になった話があります。ある日、村長が妻の病気を治すため、日光坊という山伏に祈祷を依頼しました。祈祷によって妻の病気は快復しましたが、村長は日光坊が妻と密通しているのではないかと疑い、日光坊を殺してしまいました。病気を治したのに感謝もしてもらえなかった恨みと、殺されてしまった恨み。この2つの恨みを晴らすためか、日光坊の怨念は火になったそうです。

 『宿直草』や『百物語評判』には、代官の女房の企てによって殺害された仁光坊という僧の恨みが「仁光坊の火」になったという話があります。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system