七尋女房
ななひろにょうぼう

 島根県や鳥取県に伝わる妖怪。
 島根県では、背の高さが七尋ある妖怪で、山道などに現われると云われていましたが、あるとき武士に斬られて、石に変化したそうです。
 鳥取県では、背や首の長さが七尋ある妖怪だと伝えられています。
 七尋女とも呼ばれています。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system