浪小僧
なみこぞう

 静岡県に伝わる妖怪。
 昔、ある少年が仕事を終わらせて、川で足を洗っていると、草むらから誰かが「もしもし」と呼びかけてきました。見てみると、それは親指ぐらいの大きさの小さな子供でした。子供は浪小僧と名乗り、「先日の雨で陸へ上がりましたが、日照りのために帰れません。私を海へ運んでください」と頼むので、少年は彼を海まで連れて行ってあげました。そんなことがあってからも日照りが続き、田畑の作物も枯れていきました。あるとき、少年が海辺に行くと、浪小僧が海から現われて、「私の父は雨乞いができるので、雨を降らせるように頼んでみます。これからは雨が降る際には東南、雨が止む際には南西で浪を鳴らして知らせます」と言って姿を消しました。やがて大雨が降り出し、それ以来、村人たちは浪の音によって天気を知ることができるようになったそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system