苞蛇
つとへび

 愛知県に伝わる蛇の妖怪。
 柳田國男の「妖怪名彙」(1938)に「ツトヘビ 又はツトッコという蛇が居るということを、山河の山村ではいい伝えて居る。或は槌蛇とも野槌ともいい、槌の形又は苞の形をして居て、非常な毒を持ち、咬まれると命が無いと怖れられて居た(三州横山話)。或は又常の蛇が鎌首をもたげて来た所を打つと、すぐにその首が飛んで行ってしまう、それを探してよく殺して置かぬと、後にツトッコという蛇になって仇をするともいって居た(郷土研究三巻二号)。見たという人はあっても、なお実在の動物では無かった」 と記されています。

 


参考文献
本妖怪談義』 柳田國男 (修道社)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 妖怪名彙 柳田國男 1938〜1939年


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system