氷柱女房
つららにょうぼう

 東北地方や新潟県に伝わる妖怪。東北ではシガマ女房とも呼ばれています。
 ある男性が、軒にできた氷柱を鋸で切っていました。彼は氷柱を見ながら「この氷柱のような美しい女房が欲しい」と呟きました。するとその日の夜、美しい女が訪れてきて、女房にしてほしいと言いだしました。2人は夫婦になりましたが、女はなぜか風呂に入ることを嫌いました。男性が無理矢理に風呂に入れると、女はいなくなってしまい、湯舟の中には氷柱の破片や櫛が浮かんでいたそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system