付け紐小僧
つけひもこぞう

 長野県に伝わる妖怪。
 夕方頃、小豆とぎ屋敷という屋敷に、付け紐の解けた7、8歳くらいの小僧が現われます。小僧の付け紐を結んであげようとして近づいた人は、朝までずっと帰れずに歩き回ることになります。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system