槌転び
つちころび

 鳥取県に伝わる妖怪。
 柳田國男の「妖怪名彙」(1938)に「ツチコロビ 小豆洗いの正体は藁打ち槌の形で、一面に毛が生えて居り、人が通ると転げかかるといって居る地方も九州にはあるが(郷土研究一巻五号)、これは野槌などという道の怪との混同らしい。野槌はたけの至って短い槌のような形をした蛇で、道の上を転がって来て通行人を襲うと伝えられ、中部地方の山地にはそれが出るという峠路も多かったというが(飛騨の鳥)、この空想は名称から後に生れたものと思われる。ツチはミヅチが水の霊であると同様に、本来はただ野の霊というに過ぎなかったことは、古く学者もこれを説いて居る。しかし現在はこの槌形の怪は全国に弘まり、伯耆中津の山間の村でも、槌転びというくちなわが居て、足もとに転がって来て咬い付くといって居る」 と記されています。

 


参考文献
本妖怪談義』 柳田國男 (修道社)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 妖怪名彙 柳田國男 1938〜1939年


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system