鉄鼠
てっそ


『画図百鬼夜行』陽 「鉄鼠」
鳥山石燕
【江戸時代】

 鳥山石燕の『画図百鬼夜行』(1776)に描かれている鼠の妖怪。
 「頼豪の霊鼠と化と世にしる所也」 と記されています。

 平安時代頃のこと。白河天皇が三井寺の僧 頼豪阿闍梨に、成功すれば報酬を与えるという条件で、皇子が生まれるように祈祷させました。やがて祈祷が成功し、無事に皇子が誕生。頼豪は報酬として三井寺に戒壇を建てるように要求しました。ところが、その当時は三井寺と延暦寺が対立していたので、白河天皇は延暦寺から怨まれるのではないかと考え、頼豪の願いを退けました。頼豪は怒り、100日間に及ぶ断食を行なって死にました。その後、頼豪の霊は巨大な鼠の妖怪になり、鼠の群れを引き連れて延暦寺を襲撃。延暦寺は頼豪の霊を鎮めるため、東坂本に「鼠の秀倉」という社をつくったそうです。
 延暦寺を襲撃した鼠は下野(栃木県)にも現われて害をなしましたが、勝軍地蔵によって塚に閉じ込められました。その塚は「来鼠塚」と呼ばれています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

 

 

inserted by FC2 system