手負蛇
ておいへび


『絵本百物語』四 「手負蛇」
桃山人・文、竹原春泉・画
【江戸時代】

 『絵本百物語』(1841)に描かれている蛇の怪。
 「蛇を半殺して捨置しかば其夜来りて仇をなさんとせしかども蚊帳をたれたりしかば入事を得ず 翌日蚊屋の廻り紅の血しほしただりたるがおのづから文字のかたちをなしてあだむくひてんとぞ書たり」 と記されています。

 


参考文献
本竹原春泉 絵本百物語―桃山人夜話―』 多田克己 編、京極夏彦 ほか文 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system