天井下
てんじょうくだり


『今昔画図続百鬼』明 「天井下」
鳥山石燕
【江戸時代】

 鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』(1779)に描かれている、天井にぶら下がっている妖怪。
 「むかし茨木童子は綱が伯母と化して破風をやぶりて出今この妖怪は美人にあらずして天井より落 世俗の諺に天井見せるといふはかかるおそろしきめを見する事にや」 と記されています。
 「天井を見せる」というのは石燕のいた時代に流行った言葉で、「人を困らせる」という意味だそうです。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system