手長婆
てながばばあ

 青森県、茨城県、千葉県に伝わる妖怪。
 千葉県や茨城県に伝わる手長婆は白髪の老婆で、水の底に住んでいると言われています。水辺で子供が遊んでいると、水の中から手長婆が現われて引きずり込むのだそうです。
 青森県では、かつて貝守ヶ岳の天辺に手長婆が住んでいたことがあり、腕を八戸の海まで伸ばして、貝を獲ったと言われています。貝守ヶ岳の頂上にある岩には、手長婆が食べた貝の殻がくっついているそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system