てん


『画図百鬼夜行』陽 「鼬」
鳥山石燕
【江戸時代】

 イタチやテンも、のように変化能力があると云われています。
 三重県では「狐の七化け、狸の八化け、貂(テン)の九化け」と云われ、貂の化ける能力は狐や狸よりも優れているとされていました。
 広島県、石川県、秋田県などでは、目の前をイタチやテンが横切って行くのは縁起が良くないことだと伝えられています。また、広島県ではテンを殺すと火災に遭うとも云われています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system