手洗鬼
てあらいおに


『絵本百物語』二 「手洗鬼」
桃山人・文、竹原春泉・画
【江戸時代】

 『絵本百物語』(1841)に描かれている巨大な妖怪。
 「讃州高松より丸亀へかよふ入海あり 其間の山々三里をまたげて手をあらふものあるよし 名はいかがにや知らずただ讃岐の手あらひ鬼といふ」 と記されています。
 手洗鬼は大太郎坊という大魔の使いで、四国辺の入海で三里の山をまたぎ、大海で手を洗うのだそうです。>

 


参考文献
本竹原春泉 絵本百物語―桃山人夜話―』 多田克己 編、京極夏彦 ほか文 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system