祟りもっけ
たたりもっけ

 青森県に伝わる怪異。
 殺された人の恨みの念によって、犯人や犯人の家に怪異が起きるというもの。扉が開くような音がしたり、怪火が出現したりします。病気によって家族が死に絶えることもあるそうです。
 また、たたりもっけは嬰児の霊であるとする地域もあり、こちらは梟に憑くと言われています。
 「たたりもけ」とも呼ばれます。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system