狸囃子
たぬきばやし


「本所七不思議之内 狸囃子」
歌川国輝
【明治時代】

 日本各地に伝わる、による怪異。
 夜、どこからか囃子の音が聞こえてくるというもの。本所七不思議のひとつにも数えられていて、馬鹿囃子や馬鹿太鼓とも呼ばれていたようです。
 柳田國男の「妖怪名彙」(1938)には「タヌキバヤシ 狸囃子、深夜にどこでとも無く太鼓が聞えて来るもの。東京では番町の七不思議の一つに数えられ(風俗四五八号)、今でもまだこれを聴いて不思議がる者がある。東京のは地神楽の馬鹿ばやしに近く、加賀金澤のは笛が入って居るというが、それを何と呼んで居るかを知らない。山中では又山かぐら、天狗囃子などといい、これに由って御神楽嶽という山の名もある」 と記されています。

 


参考文献
本妖怪談義』 柳田國男 (修道社)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)
本 『津々浦々「お化け」生息マップ』 宮本幸枝 著、村上健司 監修 (技術評論社)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 妖怪名彙 柳田國男 1938〜1939年


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system