タンタンコロリン

 宮城県に伝わる妖怪。
 柳田國男の「妖怪名彙」(1938)に「タンタンコロリン 仙台で、古い柿の木の化けた大入道だという。柿の実を取らずに置くとこれになったともいうから、コロリンのもとは転がって来るといって居たのであろう」 と記されています。

 また、青森県では、子供が言うことを聞かないときに「タンコロリンが来るぞ」と脅かすそうです。

 


参考文献
本妖怪談義』 柳田國男 (修道社)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 妖怪名彙 柳田國男 1938〜1939年


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system