タマ・オ・ホイ
Tama-O-Hoi

 ニュージーランドのマオリ族に伝わる妖怪。
 最初に島に生息していたとされる巨人の一族のうちのひとり。後から島に来た人々がタマ・オ・ホイのいるタラウェア山に入ろうとしましたが、彼らはタマ・オ・ホイに食べられてしまいました。そこで、ガアトロ・イ・ランギという祭司が魔法で山頂に裂け目をつくり、そこにタマ・オ・ホイを封じたそうです。
 タラウェアが1886年に噴火したのはタマ・オ・ホイのせいだと言われました。

 


参考文献
本世界の怪物・神獣事典』 キャロル・ローズ、松村一男 監訳 (原書房)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system