タコ

 青森県に伝わる妖怪。
 昔、目の見えない男性が三味線を持って峠を歩いていると、途中で日が沈んでしまったので、空き家に泊まることにしました。深夜、彼が歌いながら三味線を弾いていると、曲を所望する女の声がします。男性が女の望む曲を何曲か歌っていると、そのうちに朝になりました。すると女は言いました。「妾はこの山に住むタコなり。もしもお前が里で妾のことを誰かに話したら、命がないと思え」。
 里に下りて酒屋で休んでいた男性は、酒屋の主人に「昨日はどこで泊まったんだ?」と訊ねられ、女のことを話してしまいました。すると男性はすぐに死んでしまい、そこへ例の女が現われました。女は「妾は峠に住むタコだ。その男は声が良かったので殺さなかったが、約束を破ったから殺した。お前たちも妾のことを誰かに話したら命はない。約束を破れば、この村は沼に変わるであろう」などと言いました。そこにいた人たちは絶対に他の人に話さないように注意しながら、鉄の棒でこっそりと峠の周囲を囲みました。女は峠に戻ろうとしても鉄の棒があるため帰ることができず、死んでしまいました。村人が見に行くと、女の死体は蛇身に変わっていました。
 タコは死んだ男性とともに祀られました。これがオシラ様なのだそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system