高坊主
たかぼうず

 香川県、徳島県、奈良県などに伝わる妖怪。
 香川県の伝承については、柳田國男の「妖怪名彙」(1938)に「タカボウズ 讃岐の木田郡などで評判する怪物。背の途法も無く高い坊主で、道の四辻に居るという。阿波の山城谷などでは高入道、正夫谷という処に出る。見下せば小さくなるという(三好郡誌)」 と記されています。
 奈良県では、背丈が一間(およそ1.8メートル)ほどの、目や鼻や口がない坊主の妖怪だとされています。これを見て驚かない人がいると、驚くまで体を膨らませて、ついには破裂してしまったそうです。その正体はカドヘ狸または五佐右衛門狸だと言われています。
 徳島県では麦の穂が出る季節に出没する妖怪と言われ、子供が夕暮れ頃まで遊んでいるときは「高坊主に化かされるぞ」などと脅かしたそうです。

 


参考文献
本妖怪談義』 柳田國男 (修道社)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 妖怪名彙 柳田國男 1938〜1939年


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system