百目鬼
どうめき

 栃木県に伝わる妖怪。
 昔、藤原秀郷という武将が宇都宮付近を通っていると、老人が出てきて、「大曾村の北西にある兎田という馬捨て場で待たれよ」と言って姿を消しました。秀郷は奇妙に思いつつも、言われたとおりに兎田に行きました。そこで待っていると、丑三つ時のころ、刃のような毛と100の目を持つが出現。鬼の身の丈は三メートルもあり、死んだ馬を食っていました。秀郷が「南無八幡」と唱えて山鳥の羽の矢を射ると、鬼の胸に矢が刺さりました。鬼は明神山の後ろで倒れました。
 秀郷の従者は鬼に止めを刺そうとしましたが、鬼の身体から火が出て、毒気を吐き始めたので、近くに行くこともできませんでした。するとそこに、本願寺の智徳上人が訪れました。智徳上人は水晶でできた数珠を持って呪文を唱え、頭を打ちました。すると鬼の身体から出ていた火は弱まり、100もあった鬼の目も消滅。秀郷たちは鬼の死骸を葬りました。
 それ以来、その場所は百目鬼という名前で呼ばれるようになったのだそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system