泥田坊
どろたぼう


『今昔百鬼拾遺』雲 「泥田坊」
鳥山石燕
【江戸時代】

 鳥山石燕の『今昔百鬼拾遺』(1781)に描かれている妖怪。
 「むかし北国に翁あり 子孫のためにいささかの田地をかひ置て寒暑風雨をさけず時々の耕作おこたらざりしにこの翁死してよりその子酒にふけりて農業を事とせず はてにはこの田地を他人にうりあたへれば夜な夜な目の一つあるくろきものいでて田かへせ田かへせとののしりけり これを泥田坊といふとぞ」 と記されています。
 この妖怪の伝承は確認されておらず、泥田坊夢成という狂歌師をモデルにして描かれたものだという説もあります。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)
本 『江戸の妖怪革命』 香川雅信 (河出書房新社)


もののけが集うホームページ

 

 

inserted by FC2 system