百々目鬼
どどめき


『今昔画図続百鬼』明 「百々目鬼」
鳥山石燕
【江戸時代】

 鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』(1779)に描かれている、無数の目が腕にある妖怪。
 「函関外史云ある女生れて手長くしてつねに人の銭をぬすむ 忽腕に百鳥の目を生ず 是鳥目の精也 名づけて百々目鬼と云 外史は函関以外の事をしるせる奇書也 一説にどどめきは東都の地名ともいふ」 と記されています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system