大蓮寺
だいれんじ

 埼玉県に伝わる火の妖怪。
 9月から2月の雨が降る夜に、田んぼの小道で目撃されます。大蓮寺から出た怪火だったことから、怪火自体も大蓮寺と呼ばれるようになりました。
 近くで見ると複数の火に見えるそうで、無視して通り過ぎれば火は離れていきますが、消火しようとしたり、怖がって騒いだりすると、火が傘に付きます。しかし、そうなっても燃えることはないそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system