宙狐
ちゅうこ

 岡山県に伝わる火の妖怪。
 年を経たが火になったもの。中狐とも書きます。
 竜宮島では、宙狐は雨の降る夜に現われる提灯ほどの大きさ、色合いの火で、地面に落ちると大きく燃え広がって消滅。しかし、火の落ちた場所に行ってみても何も残っていないのだそうです。また、人の声を聞くと逃げ去るとも言われます。高く飛ぶものを「天狐」、低く飛ぶものを「中狐」と呼ぶそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system