猪口暮露
ちょくぼろん


『画図百器徒然袋』下 「猪口暮露」
鳥山石燕
【江戸時代】

 鳥山石燕の『画図百器徒然袋』(1784)に描かれている、猪口をかぶっている妖怪。
 「明皇あるとき書を見給ふ御机の上に小童あらはる 明皇叱したまへば臣はこれ墨の精なりと奏してきへうせけるよし 此怪もその類かと夢のうちにおもひぬ」 と記されています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system