ちいちい袴
ちいちいばかま

 大分県、岡山県、新潟県の佐渡島に伝わる妖怪。
 昔、佐渡島の山家で老婆が暮らしていました。ある夜、老婆が糸を紡いでいると、袴を着た四角い身体の小男がやってきて、「お婆さん、淋しいだろう。わしが踊ってみせよう」などと言い、「ちいちい袴に木脇差を差して、こればあさんねんねんや」と歌い踊りだしました。そのうち小男は消滅。薄気味悪く思った老婆は、翌朝、家の中を調べてみました。すると、縁の下から古びた鉄漿つけ楊枝が出てきたので、老婆はそれを燃やしました。それ以来、このような奇妙なことは起こらなくなったそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system