茶碗児
ちゃわんちご

 奈良県に伝わる妖怪。
 菊丸という稚児が、興福寺光林院の寺宝である茶碗を割った罪を被せらたために自殺しました。やがて菊丸の怨霊は、茶碗を頭の上に乗せた裸の妖怪になって、茶碗を割った犯人や院主を取り殺したそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system