砂かけ婆
すなかけばば

 奈良県や兵庫県に伝わる妖怪。
 柳田國男の「妖怪名彙」(1938)に「スナカケババ 奈良県では処々でいう。御社の淋しい森の蔭などを通ると砂をばらばらと振掛けて人を嚇す。姿を見た人は無いという(大和昔譚)のに婆といって居る」 と記されています。
 兵庫県では、砂かけ婆の正体はだと言われています。

 


参考文献
本妖怪談義』 柳田國男 (修道社)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 妖怪名彙 柳田國男 1938〜1939年


もののけが集うホームページ

 

    
    

inserted by FC2 system