水虎
すいこ


『今昔画図続百鬼』雨 「水虎」
鳥山石燕
【江戸時代】

『寛永年中豊後肥田ニテ捕候水虎之図』
【江戸時代】

 中国に伝わる妖怪。『本草綱目』に記載されています。
 3、4歳の子供に似た姿をしていて、身体には鱗があり、矢を射ても刺さりません。いつも水の中にいますが、虎の爪に似た膝だけは水面から出して人に見せており、これに悪戯する子供は噛みつかれます。生け捕りすれば、鼻を摘むことで使い走りさせることもできるそうです。

 鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』(1779)にも水虎が描かれ、「水虎はかたち小児のごとし 甲はせんざんかうのごとく 膝頭虎の爪に似たり もろこしそく水の辺にすみてつねに沙の上に甲を曝すといへり」 と記されています。

 日本においても、青森県や長崎県などに同名の河童の類が伝えられています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)
本 『河童の研究』 大野桂 (三一書房)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system