叢原火
そうげんび


『画図百鬼夜行』陽 「叢原火」
鳥山石燕
【江戸時代】

 『新御伽婢子』(1683)に記載されている火の妖怪。
 油を盗んで売っていた京都の壬生寺地蔵堂の僧が、死んだ後に叢原火になったそうです。
 鳥山石燕の『画図百鬼夜行』(1776)には「洛外西院の南壬生寺のほとりにあり 俗これを朱雀の宗源火といふ」 と記されています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system