算盤坊主
そろばんぼうず

 京都府に伝わる妖怪。
 西光寺の傍に榧の木があり、夜になるとその辺りに坊主が現われて、算盤を弾くそうです。算盤小僧とも呼ばれています。
 柳田國男の「妖怪名彙」(1938)にも「ソロバンボウズ 路ばたの木の下などに居て、算盤を弾くような音をさせるから算盤坊主(口丹波口碑集)」 と記されています。
 その正体については、計算を間違えたために和尚に怒られて、榧の木で首吊り自殺した小坊主の亡霊だと云われていますが、の悪戯ではないかとも想像されているようです。

 


参考文献
本妖怪談義』 柳田國男 (修道社)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 妖怪名彙 柳田國男 1938〜1939年


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system