撞木娘
しゅもくむすめ


妖怪かるた 「碓氷峠の撞木娘」
【江戸時代】

 江戸時代に作られた「妖怪かるた」の類に見られる妖怪。
 絵札には撞木(鐘や半鐘などを鳴らすための丁字形の棒)のような顔をした娘が描かれていて、読み札には「うすい峠のしゆもくむすめ」 などとあります。碓氷峠は長野県と群馬県の境に存在しますが、この妖怪に関する詳細は不明。

 


参考文献
本 『江戸妖怪かるた』 多田克己・編 (国書刊行会)
本 『ヴィジュアル版 謎シリーズ 日本の妖怪の謎と不思議』 (Gakken)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system