静か餅
しずかもち

 栃木県に伝わる怪異。
 柳田國男の「妖怪名彙」(1938)に「シズカモチ 下野益子辺でいう(芳賀郡郷土研究報)。夜中にこつこつこつこつと、遠方で餅の粉をはたくような音が人によって聴える。その音が段々と近づくのを搗込まれるといい、遠ざかって行くのを搗出されるといい、静か餅を搗出されると運が衰える。搗込まれた人は、箕を後ろ手に出すと財産が入るともいう。或は又隠れ里の米搗きともいい、この音を聴いた人は長者になるという話もあった。摂陽郡談、摂津打出の里の條にもある話で、古くから各地でいうことである」 と記されています。

 


参考文献
本妖怪談義』 柳田國男 (修道社)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 妖怪名彙 柳田國男 1938〜1939年


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system