舌長婆
したながばば

 『老媼茶話』に記載されている老婆の妖怪。
 2人の旅人が越後(新潟県)から武蔵国(東京都)に向かっていました。その途中の諏訪で、彼らは一人暮らしの老婆の家に泊めてもらうことにしました(ここでいう「諏訪」は一説に長野県の諏訪のことだともいわれますが、どうやら福島県会津の話のようです)。1人はすぐに寝てしまいましたが、もう1人は眠気を堪えていました。すると老婆は口を大きく開き、5尺もの長い舌を出して寝ている旅人の頭を嘗めだしました。まだ眠っていなかった旅人が咳払いすると、老婆は舌を縮めました。そのとき、「舌長婆なぜはかどらぬ」という声が窓の外から聞こえてきました。老婆が「誰だ」と聞くと、声の主は「誰でもない、諏訪の朱の盤だ。はかどらないのなら手伝おう」と言って、戸を破って家に入ってきました。それは、顔の長さが6尺もある赤い怪物でした。起きていた旅人が刀で朱の盤を斬ると、朱の盤は消滅。老婆は眠っているほうの旅人をつかんで走り出しました。すると家は消え失せて、周りは野原になってしまいました。朝になって周囲を見ると、もう1人の旅人は骸骨になっていたそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system