白容裔
しろうねり


『画図百器徒然袋』上 「白容裔」
鳥山石燕
【江戸時代】

 鳥山石燕の『画図百器徒然袋』(1784)に描かれている、古い布巾の妖怪。
 「白うるりは徒然のならいなるよし この白うねりはふるき布巾のばけたるものなれども外にならいもやはべると夢のうちにおもひぬ」 と記されています。。
 「しろうるり」とは『徒然草』第60段にあるもので、盛親僧都がある僧に付けた渾名だそうです。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

 

inserted by FC2 system