白い蝶
しろいちょう

 高知県に伝わる妖怪。
 夜道を歩いていると、白い蝶が飛来。どんなに追い払っても、息が詰まってしまうほど纏わりついてきます。これに遭った人は死んでしまうのだそうです。
 これは横死した人の霊の仕業だとも言われています。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system